正社員 最終更新日:2018年 5月 11日

株式会社マコト

マコト

主な業種
サービス(フードビジネス)
関連業種
商社(食料品)/流通・小売(食品関連)
mixi�`�F�b�N

2019新規大卒等 ㈱マコト

■業種;フードサービス・飲食/その他サービス■事業内容;おむすび・お弁当・おこわ・お惣菜(H.M.R)の販売、ケータリング、パーティ料理の提供。★無着色・無添加・低農薬の食材を使ったお弁当やお惣菜を取扱い、激戦の業界の中で増収増益を達成。新企画・新店舗の計画も多く、創業51年の企業です。★平成19年度農林水産大臣賞受賞など、安全・安心・健康をテーマに国産食材の多くを産地から直接仕入れており美味しいお弁当・料理作りが認められています。 ■事業所;本社/大田区東六郷1-25-3 川崎事業所/川崎市川崎区殿町3-8-7 ゑびすDaikoku等の直営店舗、ケータリング店舗、横浜スタジアム、羽田空港、東日本リテールネット内売店 等

  • 企業情報
  • 採用情報

"おいしい笑顔"が見たいから― 私たちは"こだわり"ます。

私たちの手がける「ゑびすDaikoku」は、和食専門のお惣菜店です。激戦区のデパ地下や駅チカ、駅ナカでお客様のハートを掴んでいるのは「無着色・無添加・低農薬」をテーマに掲げ、多少コストがかかっても真似の出来ない「本物の味」を明確なマーケットに向けて発信しているから。そして徹底した食材選びと調理方法にも秘密があります。社長自らが日本中を飛び回り農家から直で素材を仕入れ、多少コストがかかっても野菜は人間の手を使い包丁で切ることで、味のしみ込み具合を良くしています。味は薄味で天然出汁を使い、ドレッシングにまでも手作りにこだわっています。そして創業以来54年にわたり美味しさを追求していたら、カラダにいいものばかりを使ったお惣菜やお弁当が出来上がりました。お客様の喜ぶ顔が見たい、おいしい食事で、お客様を元気にしたい。株式会社マコトは、そんな思いで日々がんばっている企業です。

筑前煮

ゑびすDaikokuのお惣菜

石附店長

会社概要

 

事業内容

マコトの事業展開は、惣菜部門のほか、弁当卸部門、ケータリング部門の3つに大別されます。卸売部門では、羽田空港、東京駅、横浜スタジアムや横浜動物園ズーラシアなどに弁当を搬入。このうち最も早くに業務提携したのが羽田空港で25年以上のお付き合い。近年の旅行ブームに伴い、売店の競争も一段と加速してきました。また松尾芭蕉生誕300年を祝ってJRが駅弁大会を開催し、JR構内でお弁当屋さんに混じって出展したこともあります。平成元年には、JR東京駅“膳まい”に出店し、今日までJR(東日本リテールネット)とは大事なお取引様となっています。マコトのお弁当は、平成19年4月農林水産大臣賞(国産食材安定調達部門)を受賞しています。そして現在マコトが最も力を入れているのが、惣菜店で、名だたる百貨店のデパ地下で色とりどりの食材をつかって、ふんわり小高く盛り付けられた和風総菜店、店名は“ゑびすDaikoku”です。近年再開発に湧く東京駅。この付近でのマコトの惣菜事業を取り上げてみても、日本橋髙島屋と大丸東京店、丸ビルには“丸の内Daikoku”、丸の内オアゾには“丸の内Ms(イートインコーナー併設のデリ)と東京駅近隣含めて4店舗を構えています。第1号店は、平成9年にアトレ恵比寿に家庭料理の店“ゑびす大黒”を出店したことがはじまりです。現在は15店舗になっています。もっとも最近出店した髙島屋新宿店をはじめとして、そごう横浜店や東京大丸店は和惣菜コーナーでは絶好の立地、今でも評判の人気店となっています。すべてを手作りで、マヨネーズ、ドレッシング、出汁など調味料もほとんど自家製です。醤油も無添加にこだわり、味噌は100年続く手作りの店のものを使用、本当においしいと思うところとだけずっとお付き合いをしているんです。たとえば菜の花は四万十産、添加物や着色料、防腐剤は不使用です。薄味で食材にこだわっていますから、店舗の担当者には、こだわりをお客様に説明できなければなりません。手作り、できたてに徹底してこだわり、手間暇を惜しまない、これが惣菜店“ゑびすDaikoku”です。また昨年銀座にオープンしたGINZA SIX内B2Fには、いままでのゑびすDaikokuよりさらにハイクラスな本物の和食、上質な日本料理をご提供する「旬菜 三山」店をオープンし話題を呼んでいます。

創業/設立

昭和38年10月 給食弁当、仕出し弁当を主営業目的として大田区大森西4丁目にて創業
昭和63年 3月 川崎市川崎区殿町3丁目8番地7号に川崎工場を建造し、営業開始
平成9年 10月JR恵比寿駅ビル「アトレ恵比寿」に“ゑびす大黒”出店

本社所在地

東京都〒144-0046

東京都大田区東六郷1-25-3
TEL 03-3735-2711(代) FAX 03-3735-6244

事業所

川崎事業所

〒210-0821
神奈川県川崎市川崎区殿町3-8-7
TEL 044-277-9011(代) FAX 044-277-7101

代表者

山崎 峰子

資本金

1億円

売上高

21億5500万円

従業員数

270人(男性100、女性170)(2016年1月集計)

連絡先

株式会社マコト 東京本社
TEL 03-3735-2711
FAX 03-3735-6244 e-mail:info@makoto-j.co.jp
担当:鈴木 智裕

http://www.makoto-j.co.jp

  • 企業情報
  • 採用情報