新卒・学生のための就職・就活情報が満載!自己分析&適職判定であなたにピッタリの30社がわかる!

企業研究の方法って?

企業研究とは、希望する企業の情報や関連する業種の情報を調べることによって、自分の希望する企業への志望動機を固めていったり、その企業が自分に合っているのかを調べるために行うものです。また、実際の企業と学生が考えている企業の内容のギャップを埋めるためにも企業研究は重要です。
入社してから、この企業ではやりたいことがやれない、自分の思っていた業務内容ではない早期離職してしまことを避けるために、しっかり企業研究を行い、自分の本当にやりたい業種を探しましょう。

どのように企業研究を行っていくか

企業研究の方法

まず、興味を持った企業や業界について本やインターネット・新聞などを通じて情報を集めることから始めます。特に企業のホームページは最近、充実しているものが多く参考になります。また、会社案内を入手することも一つの方法です。

次に、会社説明会やセミナーなど実際に行われている説明会などに参加してみる方法もあります。説明会ではより深く企業の内容について知ることができます。
さらに深く知りたい場合は、OB・OG訪問などでその場で働いている人の生の声を聞くことにより、より企業について知ることができます。

大企業や有名企業だけではなく、やりたい仕事や興味のある仕事の企業などは、会社の規模や知名度にとらわれず積極的に調べてみましょう。

調べるポイントとして、企業の経営理念を調べてみましょう。その企業の方針や今後の発展性などは、自分に合っているかどうかに大きく関わります。
また、企業の主力商品や事業内容を詳しく調べておきましょう。志望動機を書く際、企業の商品を全く知らないということでは、採用のチャンスを逃してしまいます。それと同時に、企業の福利厚生や支援制度も重要なチェックポイントです。自分のライフスタイルに合った企業を探しましょう。

業界研究では、その業界のNO.1企業を調べてみることをおすすめします。
NO.1企業と自分の志望企業の違いをチェックしましょう。
また、競合の企業としてどんな企業があるのか。競合他社との違いが何であるのか、どのような対策を講じているかを把握することも大切です。

企業研究・業界研究が終わったら、今まで調べたことを活かして志望動機を作成しましょう。