新卒・学生のための就職・就活情報が満載!自己分析&適職判定であなたにピッタリの30社がわかる!

履歴書の書き方

新卒者募集で提出する書類は、エントリーシートだけ、と思っている学生さんはいませんか?実は、現在でも多くの企業がエントリーシートによる選考後に、履歴書を求める場合があります。そこで、新卒募集のための履歴書の書き方を紹介します。

履歴書の準備

履歴書の書き方

履歴書の選び方

履歴書は文房具屋などで販売しているJIS規格帳に合ったものを選びましょう。

履歴書のマナー

・丁寧な字で書きましょう。
 字が苦手な人でも、心を込めて丁寧に書くことが大切です。

・修正液は使わない
履歴書を書く際には、絶対に修正液は使わないようにしましょう。間違えたら新しい履歴書で書き直します。

履歴書の書き方

学歴欄

学歴欄は中学校卒業時点から書くのが一般的です。学校名の簡略化はNGです。
中学校、高等学校などは正式名称を記入しましょう。
公立学校の場合も同様に、「○○県立~」を略さず記載しましょう。大学に関しても「~大」「~短大」ではなく、「○○大学」「○○短期大学」と書きましょう。

資格

取得勉強中の資格であってもアピールできるものであれば、積極的に記入しましょう。

特技・趣味・得意科目の書き方

ここでは、あまり奇をてらわず、堅実に書くほうがよいでしょう。
マージャンや競馬やパチンコなどギャンブルを趣味項目に書くことはNG。マイナスイメージになります。得意科目には、学生時代に力を入れてきた科目や専門科目などを書くとよいでしょう。相手企業とマッチする科目は高アピールとなります。

語学

TOEICやTOEFL、英検の資格などは一定レベル以上のスコアや階級を取得していれば有利になります。一般的な企業であれば平均的にTOEIC450点以上のスコアを最低ラインとして希望していると言われています。英検であれば、2級取得が高校卒業レベルとなります。

志望動機

既にエントリーシートで提出している場合もありますが、エントリーシートがない企業では履歴書での提出が求められます。履歴書の場合はフリーフォーマットの為、より難しくなります。
履歴書を書く際に一番重要なポイントは志望動機になります。
志望動機を書くには、企業研究が最も重要になります。企業研究をする際には、業界の中でその会社がどのような存在なのかを調べて、最低でも10個はその企業の特色を挙げられるようにしておきましょう。
企業研究と共に、自己分析も重要なポイントで、自己分析を行うことで、その企業で自分がどのような役割を果たすことができるのかを明確にすることが出来るでしょう。
何故、その企業に入社したいのか、企業に入社した後どのような仕事を行っていきたいのかを明確に書きましょう。

志望動機に、希望する職種の仕事内容を具体的にあげることで、企業研究をしっかりとしていることをアピールできます。また、その仕事について自分がどう取り組んでいきたいのかを明確に表すと好印象を得られます。