新卒・学生のための就職・就活情報が満載!自己分析&適職判定であなたにピッタリの30社がわかる!

OB・OG訪問とは?

OB・OG訪問とは一体なんでしょうか?
同じ大学を卒業した先輩の職場を訪問し、職場の様子や、職務の内容などを聞くことで、企業の情報を知るところにあります。
OB・OG訪問には、企業側にも、学生側にもメリットがあります。
企業は、OB・OGから得た情報でその学生の正確な情報を掴むことができます。性格や意欲、企業に対する姿勢などがわかります。 学生は、OB・OGから直接、企業の生の情報を聞くことができる貴重な機会です。是非、OB・OG訪問を行って、企業研究を進めましょう。

OB・OG訪問とは

では、OB・OGはどこで見つければよいのでしょうか?

  • ゼミやサークルの先輩の紹介
  • 友人の紹介
  • 大学の就職センターの紹介
  • 同窓会の紹介
  • アルバイト先の先輩の紹介
  • 企業のOB・OG訪問紹介

などが挙げられます。企業に興味を持った場合、どのような人脈を使っても、アプローチしていくことは可能です。

連絡・アポの取り方

最初の手段としては、電話やメールでの連絡が通常です。
「○○大学の△△ ××と申しますが、(先輩の連絡先をどこで知ったか)現在、企業研究を行っておりましてお話を伺いたいのですが、お時間を頂戴できますでしょうか」と丁寧な言葉で連絡を行いましょう。
約束は、基本的には、相手に合わせることが大事です。大切な時間をあなたに合わせて取ってくださることを感謝しましょう。また、忙しいからと断られてしまう場合もあるかもしれません。ランチタイムなど、短い時間でもいいからとお願いをしてみましょう。

アポが取れた後、実際のOB・OG訪問で必要なこと

  • 時間は守りましょう。
  • 服装については、リクルートスーツが望ましいです。
  • 敬語を使いましょう。
  • OB・OGの先輩が所属している企業の企業研究をしっかり行っていきましょう。
  • 聞きたい質問をリスト化しておきましょう。(抽象的なものではなく、具体的な質問が望まれます)
  • 質問の内容は
    仕事内容・職場の環境についてや会社の雰囲気、先輩がこの会社を選んだ理由や採用に関してなど、様々な質問を準備しておきましょう。
  • 質問に対して、返答がどんなものでも、笑顔で誠実な受け答えを心がけましょう。

面談の時間は、時間内に終わらせるのが社会人のマナーです。

訪問後のマナーについて

訪問後はお礼の手紙もしくはメールを送りましょう。礼儀を通すことによって、応対してくれた先輩の印象に残り、採用へのステップにもつながりなります。

OB・OG訪問後、企業の採用に応募した際、先輩に報告するとよいでしょう。相談に乗ってくれたり、アドバイスをくれる場合もあります。