新卒・学生のための就職・就活情報が満載!自己分析&適職判定であなたにピッタリの30社がわかる!

就活の基本マナー

就職活動の基本マナー

数多くの競争相手に抜きんでて採用選考を突破するためには、企業の採用担当者に好印象を与えていく必要があります。そのカギとなるのが、就職活動の基本マナー。

今回は就職活動の基本マナーの中でも、第一印象を決定づけることが多い『身だしなみ』について説明していきます。

就職活動時の身だしなみのキーワードは、『清潔感』と『さわやかさ』となります。リクルートスーツを用意する時は、この二つの条件を満たせるかどうかに気をつけて選んでいくようにしましょう。

よく分からない場合は、ショップの店員など、専門知識を持った人に任せてしまうのも一つの手です。

また、採用担当者は、スーツや髪型だけでなく、カバンや腕時計、靴などまでチェックしているもの。頭のてっぺんからつま先まで、マイナス印象を与えてしまう要素がないかどうか、よく確かめておきましょう。以下のチェックリストを参考に、間違った身だしなみをしていないかどうか確認してみましょう。

男性の場合

男性の場合
髪型・顔
長髪や茶髪は避ける方が無難。清潔に。
ヒゲは綺麗に剃っておく。
スーツ
リクルートスーツ、一般的なビジネススーツ。
色は黒、紺、グレーなどのダークカラー。シングルの二つ、三つボタン。
スラックスは折り目がつくよう、きちんとアイロンをかけておく。
シャツ
プレーンな白色のものが基本。ボタンダウンや派手なカラーワイシャツは×。
襟や袖の汚れに注意。きちんとアイロンをかけておく。
ネクタイ
派手すぎない色、デザインのものを選ぶ。結び目はかっちりと。
靴下
スーツの色に合わせて、黒やグレーなどの色のビジネスソックスを選ぶ。
スーツの色に合わせて、黒、茶色系統の革靴を。
きれいに磨いておく。
バッグ
黒などのダークカラー。A4サイズの書類が入るビジネスバッグが基本。

女性の場合

女性の場合
髪型
長い場合はまとめておく。お辞儀をしたときにほおに髪がかからないようにする。
ナチュラルメイク。派手なメイクやノーメイクも避ける。
ネイルアートはしない。つける場合は自然な色のマニキュアを。
アクセサリー
控えめに。ピアス、イヤリングはぶら下がるタイプのものや派手なものは避ける。
スーツ
色は黒、紺、グレーなどのダークカラー。シングルの二つ、三つボタン。リクルートスーツが無難。
ブラウス
白または薄い色の襟のあるものを。レギュラーカラーの場合は一番上のボタンも留める。
襟や袖の汚れに注意。きちんとアイロンをかけておく。
スカート・パンツ
スカートの長さは膝が隠れる程度にしておく。
パンツスーツもOK。
ストッキング
肌色、ナチュラルなベージュのもの。柄物のストッキング・タイツは避ける。
黒などのダークカラーのプレーンなパンプス、ヒールは3~5cmの中ヒールがよい。
ヒールの減りに注意。金具が見える前に取り替える。
きれいに磨いておく。
バッグ
黒などのダークカラー。A4サイズの書類が入るビジネスバッグが基本。