新卒・学生のための就職・就活情報が満載!自己分析&適職判定であなたにピッタリの30社がわかる!

面接対策

面接の種類

面接対策

筆記試験や書類審査にとおると次は面接試験になります。
面接試験には、様々なパターンがあるので以下に紹介いたします。

個人面接

個人面接:学生一人に対して、企業側の面接官は1人から数人で応対する形式です。
質問される項目は、自己PR、志望動機などの典型的はものが多いです。
初段階では、エントリーシートに書かれてある内容についてより掘り下げる質問が多く、0分~15分程度の短い時間で行われるのが一般的です。

個人面接でよく聞かれる質問例は

  • 志望動機
  • 当社で何をしたいか
  • 当社にどのように貢献できるか
  • なぜこの業界を選択したのか
  • 希望勤務地
  • 将来の夢について
  • 休日は何をしているか
  • 趣味、特技
  • 悩みがあった場合の解決方法
  • 今、夢中になっているもの

面接官によっては、思いもよらない質問をすることがあります。
その場合は、回答の内容ではありません。どのように自分をアピールできるか、はっきり回答できるかが重要なのです。回答するときには、言葉につまらず、正直に誠意を持って答えることが大事なのです。

集団面接

集団面接:集団面接は学生数人と面接官2~3人で行う面接です。
集団面接では、他人の話と同じにならないように注意して、自分の個性を発揮した回答をすることがポイント。よく考えて発言することが必要です。
また、他人の話も聞くこと、周囲への気配りができているかどうかも重要です。つまり、他との協調を保ちつつバランスよく発言できる人が有利です。
集団面接では、複数の学生に対して、同じ質問をすることで一度に人物を比較できるので面接官にとっては優劣がつけやすい面接形式です。

グループディスカッション

グループディスカッション:グループディスカッションとは、司会、書記などの役割を決め、面接官が出した議題にそって議論を進めていくタイプの面接です。
グループディスカッションでは、対人能力と個人能力の両方を見られています。
主なポイントは、「協調性」「リーダーシップ」「人の話をよく聞いているか」などで、他の人と関わったときにどのような態度をとるのか見るために行われています。

自己PRと志望動機

面接で必ず聞かれるのが、自己PRと志望動機です。
自己PRは簡潔に自己紹介とともに、自分の良い点をアピールします。何をアピールしたらいいかわからないという人はまず自分史の年表ノートを作ってみてはいかがでしょうか?今までに何をしてきてどんなことを勉強してきたのかを可視化することで冷静に考えられるようになるでしょう。
次に客観的な意見を求める為、家族、友人、恋人、先輩、後輩など自分を良く知る人物にインタビューをしてみてもよいでしょう。今まで気づくことのなかった、新たな一面を知ることができます。

面接で利用する自己PRは400字詰めの原稿用紙3~4枚程度にまとめるとよいでしょう。その分量で1分~1分半の時間を話すことができます。

志望動機について

志望動機は「どのような理由でその企業を志望したのか」「企業でどのようなことをしたいのか」をアピールする場です。面接官は学生の入社意欲や熱意を見ています。
しっかりと企業研究を行い、その企業で自分の希望している仕事の職種を募集しているのか、調べておきましょう。また、面接で志望動機を述べる場合、オリジナリティを〆ることが重要になってきます。面接官は、何度も同じような質問をしているわけですから、印象に残る志望動機を回答したを人を選びたくなります。オリジナリティのある志望動機を回答できるようにしっかりと準備をするように心がけましょう。

面接官がどのような点をみているか。

就職活動において、面接官は、新卒学生が何を考え、どのくらい成長してくれる人材なのかを見ています。面接官は、新卒学生の自己PR、志望動機だけではなく、どのように面接官とコミュニケーションを取るか、話の際は身振り手振りなどを見ています。
面接では緊張して、思うように自分をアピールできないかもしれませんが、できるだけ自信を持ってさわやかな印象を面接官に残すように努力しましょう。また、面接官は学生の意見がぶれていないか、一貫性のあるアピールになっているかという点にも注目しています。気をつけましょう。

内定を得るには

一次面接が受かれば、次は、二次、三次そして最終面接へと進んでいきます。
同じ質問を何度もされることがあるかもしれませんが、面接官が違うので、誠意を持って回答しましょう。またその企業が第一志望なら、第一志望であることをアピールしましょう。入社意欲の表れを面接官は見ています。是非、このコラムを参考にして、内定取得へまい進しましょう。