新卒・学生のための就職・就活情報が満載!自己分析&適職判定であなたにピッタリの30社がわかる!

エントリーシートの書き方

エントリーシートとは、企業が学生に一次選考(書類審査)課すものであることが多いです。内容は、氏名、出身大学名、自己PRや志望動機、希望の職種や入社後の展望など、自由な記述を求める企業が多いです。

エントリーシートを書くコツ

エントリーシート

ストーリーを持たせる

エントリーシートを書くコツは、「わかりやすく」「具体的に」「正確に(誤字脱字は厳禁)」ということです。また、筋道を立てて要旨を明確に、結論をしっかり持つことが重要です。最終的に文章のゴールを決め、一貫性のあるストーリーを仕立てましょう。

エントリーシートがうまく書けない場合、これからどう生きていきたいか、自己分析が不十分であることから、何を書いていいのかわからなくなっていることが多いです。
まず、自己分析をしっかり行いましょう。

体験を具体的に書く

また、自己体験した事象を具体的に書いていくことが重要です。
学生時代に、ゼミ・サークル・アルバイトやボランティアなど所属した団体で、「どれくらいの頻度で」「どのような活動」「どういう思いで」「周りからの評価」などを書いていくことにより、自分がどのような経験をし、そこから何を学んだかを企業にアピールします。大切なのは、「やりぬいた」出来事から選ぶことです。中途半端でやめてしまったエピソードは企業に良い印象を持ってもらえません。

企業は同じようなエントリーシートを何枚も読んでいます。
その中でも光るエントリーシートにするには、オリジナリティが必要です。
ただし、奇抜なものを書く必要はありません。自分自身の言葉で、実際にあったことを書きましょう。そこに独自性を加えることで企業の目に留まるエントリーシートを作成するのです。

志望動機

また、エントリーシートに関して多く見られる質問に、志望動機があります。
志望動機を書くには、企業研究は怠れません。
どんな企業かをしっかりと研究た上で、自分がなぜその企業を志望するかを明確に書く必要があります。その為には、企業研究だけではなく、業界全体の研究も行うとよいでしょう。志望動機には、入社後の展望など、どういう社会人になりたいかという目標・抱負を書くとよいでしょう。

最後に、一度書いたエントリーシートは必ず読み返してみましょう。
内容に矛盾がないか、ストーリーに一貫性があるかということがは重要ですが、何よりもまず、読みやすい文章で書かれているか確認しましょう。