新卒・学生のための就職・就活情報が満載!自己分析&適職判定であなたにピッタリの30社がわかる!

自己分析はなぜ必要?

「就職活動は自己分析から始まる」という話を聞いたことがある人は多いと思います。
では、なぜ『自己分析』が必要なのでしょうか。

雇用のミスマッチの防止

自己分析

ひとつめの理由は、雇用のミスマッチの防止です。入社後に「希望通りの仕事ができない……」「会社の雰囲気が合わない……」などといった理由で、早期退職をする新卒社員は意外に多く、最初の勤め先を3年以内に離職する率は、 大卒者でも3割を超えています。

この原因は、自己分析の不足から、就職活動時に志望企業選定の確固たる方針=『就職の軸』を作れなかったことにあります。

過去の自分を見つめ直し、現在の自分を確認し、未来の自分をイメージすることによって、自分自身の志向や得手不得手、性格や行動パターン、価値観や能力(資格など)を整理することができます。これにより、自分にはこのような特徴があり、将来、このような生き方をしたいと考えている、という就職の軸を作ることができるようになるのです。

就職の軸ができさえすれば、後はそれに沿って情報収集を行い、自分とのマッチング率が高い業界や職種を探して、内定を目指していくだけとなります。就職の軸に沿う形で就職活動を終えられれば、就職先の企業に対する満足度は上がり、 結果としてミスマッチによる早期離職を避けることができるようになるのです。これが大きなメリットであることは言うまでもないでしょう。

入社試験対策

自己分析

ふたつめの理由は、入社試験対策です。現代の就職活動において『エントリーシート』と『面接試験』を避けることはできません。
企業側は、これらの審査により、入社希望者の能力や適性、人柄やコミュニケーション能力などを測り、採用選考の材料としています。

エントリーシートや面接試験で問われる内容は、自己分析によって答えを見つけられるものばかりです。そのため、早い時期(卒業年度の前年の春~夏頃)から自己分析をし、適切な答えを見つけてお けば、就職活動をスムーズに進められるようになるのです。

ただ、自分で出した自己分析の結果が、必ずしも正しいとは限らないということには気をつけなければなりません。

エントリーシートがなかなか一次選考を通らなかったり、面接試験で良い結果が出せなかった場合は、自己分析が誤っている可能性があります。そのような時には、他己分析をしてみるとよいでしょう。

友達や先生、保護者の方などに、自分の性格や長所・短所について聞いてみれば「自分では気づいていない、他人からは見られている自己」を見つけることができるようになると思います。

適性診断サービス

知り合いに、面と向かって自分のことを聞くのが恥ずかしい、ということであれば、就職コンサルナビの『職業適性MATCH30』をはじめとする適職診断サービスを利用してみてください。 心理学、行動学の観点から制作された適職診断サービスを使うことで、より信頼性の高い自己分析ができるようになります。

『職業適性MATCH30』には、診断結果からあなたとのマッチング率が高い企業30社がリストアップされるという、 他の適職診断サービスにはない特長がありますので、より直接的に就職活動に活用することができます。