新卒・学生のための就職・就活情報が満載!自己分析&適職判定であなたにピッタリの30社がわかる!

新卒で人を採用しない

はじめに

少し前にブラック企業という言葉が流行りましたが、あわせて新卒で社会人になって3年後の離職率もたびたび話題にあがりますね。

大卒就職者の30%が3年以内に離職するというような記事をいくつも目にします。

ちょっと煽り気味のタイトルになってしまいましたが、就職3年後の離職率が高い、としたらそれはどのようなことなのでしょうか。

終身雇用の仕組み

新社会人を採用する、ということの意味をまずは考える必要があります。

たとえば、学生時代の部活動を思い浮かべてほしいのですが、新しい部活を始めると、最初は先輩とくらべて全然できません。

1年、2年と経つにつれ次第に上達し、3年目には後輩を指導する立場になることでしょう。

仕事も全く同じで、新卒で就職したときは以下のようになっています。

あなたの仕事の結果 < あなたの給料

3年目くらいには次のようになっていないと、雇用する側は損になってしまいます。

あなたの仕事の結果 > あなたの給料

また、採用活動に費やしたお金もありますので、企業側が新卒を育てる前提で採用した場合(他の場合もあったりして)は、3年で辞められてしまうと困ってしまうのです。

結論

ちょっと煽り気味に書いたタイトルですが、頭の良い採用担当ならそうするだろうな、ということを表現しました。

つまり、新卒の離職率が高いならば、わざわざ新卒を採用するよりも、第二新卒を採用した方がお金を抑えられるのでは、ということです。

利点は次のような感じです。

・社会人のマナーなどが前企業で身についている。
・仕事の「現実」を一回見ているため、仕事に対する耐性がある。

と、ここまで書いて気付いたのですが、せっかく採用しても、またすぐ辞められてしまう可能性もありますね。

あなたはコンピュータを理解していますか? IT関係者でも「情報の定義」を言える人は数少ない。 コンピュータ時代にコンピュータを知らないでどうする。 一般向けに書かれた本なので、これから仕事でコンピュータを使う人には是非おすすめです。